住化エンバイロメンタルサイエンス精密化学品事業部

お問い合わせ

アレル物質低減化剤
アレルセーブシリーズ

カタログダウンロード(全シリーズ)

アレルセーブとは

アレルセーブは、塵性ダニアレル物質やスギ花粉アレル物質などの
アレル物質を低減する作用があります。

アレルセーブ品目一覧

製品名 特徴 用途 カタログ
アレルセーブ1904 無色の無機塩タイプ。
(アルカリ)
壁紙等の表面処理剤
フィルター
ダウンロード
アレルセーブZ-80 光触媒の水性ゾル。
繊維に対して洗濯耐性あり。
繊維
各種不織布
ダウンロード
アレルセーブT-60 天然植物抽出物を有効成分とした
高い安全性。
フィルター ダウンロード
アレルセーブAJ 無色透明の無機塩タイプ。
変色もなく、安全性も高い。
フィルター
スプレー
ダウンロード
アレルセーブC 無色のカチオン系化合物。
抗菌性も付与可能。
不織布 ダウンロード

その他ご利用条件により油性や粉体等も試作ご提供できます。

薬剤選定

以下のチャートからご要望の薬剤を選定してください。

主要アレル物質

ヒョウヒダニ類

  • 家屋内の塵の中に棲息
  • 人の垢やフケ、埃、カビ、食品クズ、花粉などを食す
  • アレル物質として重要
  • 主な種
    コナヒョウヒダニ (Dermatophagoides farinae)
    ヤケヒョウヒダニ (Dermatophagoides pteronyssinus)
     
     

花粉の種類

  • スギ・ヒノキ科
    スギ(Cryptomeria japonica):冬~春 ヒノキ:春
  • イネ科
    ハルガヤ、カモガヤ:夏
  • キク科
    ヨモギ、ブタクサ:秋
  • ※海外では主流となる花粉が異なる場合あり
    AU:アカシア 芝 ユーカリ
ダニアレル物質
Dermatophagoides farinae
スギ花粉アレル物質
Cryptomeria japonica
グループⅠ
Der f1
グループⅡ
Der f2
グループⅠ
Cry j1
グループⅡ
Cry j2
分子量:25kDa 分子量:14kDa 分子量:40kDa 分子量:40kDa
ダニの糞由来 ダニの虫体由来 花粉壁外層に主 細胞質内の澱粉粒
熱に不安定
消化管酵素のため
排泄物に含まれる
熱に安定
本来の機能不明
主要アレルゲン

他 吸入性抗原:カビ、ペットの毛・フケ・・・


  • ヒョウヒダニ

  • スギ花粉

環境改善

アレル物質除去

アレル物質低減化作用のイメージ

ELISA測定原理(酵素免疫測定法)
Enzyme-Linked Immuno Sorbent Assay


  • 1) 目的物質の
    固相への結合

  • 2) サンドイッチ構造
    の形成

  • 3) 発色反応
  • 目的物質
  • 固相化抗体
  • 発色基質
  • 酵素標識抗体

サンドイッチELISA法